赤ちゃん筆のお話

Akachanfude

生まれてきた赤ちゃんに
感謝の気持ちを込めて
プレゼント

赤ちゃん筆”は「胎毛筆」と呼ばれ、古くから生まれた子の頭脳明晰・健やかな成長を祈るために赤ちゃんの髪の毛「胎毛」でつくられてきました。これは、お母さんのお腹の中で赤ちゃんを守るために生える産毛のことです。つまり、赤ちゃんしか持っていないもの。生まれてから一度もハサミを入れたことのない「胎毛」にしか「毛先」はありません。 “赤ちゃん筆”をつくるチャンスは、「一生に一度」だけしかないのです。子供の健やかな成長を願う、両親の深い深い愛情がこめられた、一生に一度の贈り物。子にとっては自分の身体の一部でつくられた「お守り」であり、親にとっては、生まれたばかりの感動をいつまでも鮮やかに蘇らせる宝物です。

赤ちゃん筆の光文堂の始まり

広島県の川尻町で代々筆屋として書道筆だけを作ってまいりました。 その光文堂が、赤ちゃん筆の製造販売を決めたのは、1978年のこと。赤ちゃん筆を作らせて頂いた時のこと、 赤ちゃん筆を目の前にして「大切なわが子の宝物が出来た」「この子が大人になった時にプレゼントしたら、 きっと自分たちの気持ちが伝わるだろう」と、スヤスヤと眠る赤ちゃんを楽しげに覗き込むご夫婦、その光景に痛く感動し、 一人でも多くの方にこの感動、喜びを届けたいという想いを強く抱いたのが始まりです。

一生に一度しか
作ることのできない
赤ちゃん筆

毛先のある赤ちゃんの髪の毛(胎毛)でしか作ることができない赤ちゃん筆は、私たちにとっても、一本一本が特別なもの。目に見えない愛を筆という形にして誕生の喜びを色褪せることなく残せるよう想いをこめて、愛をこめて、すべて手作業で製造しています。

我が子の晴れの日に
そっと贈ってみては
いかがですか。

たとえば「ご入学」や「成人の日」に、また「ご結婚」などの晴れの日にそっと手渡してみてはいかがでしょうか。きっと人生の節目にふさわしい、親子の愛情を確認しあえるプレゼントになると思います。

お子様の筆を守ってくれる桐箱の話

光文堂の胎毛筆は、桐で作った木箱に入っています。この桐材は、優れた木材です。木は製材できるようになるまでかなり時間がかかります。 例えば、杉で80年、松で40年かかります。これに比べて桐の木の成長は大変早く、おおむね樹齢20年くらいで活用することができ、計画的に植樹できるため、自然環境を守るうえでもすぐれた資材といえます。 また、桐材は大変腐食に強く、品質の良い桐箪笥を大切にご使用されるなら150年以上は使うことが出来ます。さらに、桐の優れた特性は、自己呼吸をしていますから、湿気の多いときは湿気を吸収し、湿気の少ない時は空気の通りがよくなる性質をもっています。 このことが、防カビ、防虫効果を生みます。また、耐火性ですぐれていることも挙げられます。火災に遭った桐箪笥は、外側は真っ黒になりますが、中に入っているものは全く無傷なことが多いです。 このことは、どの木材よりも耐火性に優れている現れです。例えば、杉は240度で発火しますが、桐は約400度にならないと発火せず、また熱を受けても割れにくいことが挙げられます。だから、昔から衣類、美術品、宝石等の大切なものを保管するのに最も適しており、優れた木材として重宝されてきました。 この桐材ひとつみても、いにしえの人の知恵と脈々と受け継がれる日本文化のすばらしさを再確認し、この日本文化と共に親子との絆を「胎毛筆」を通じて、次の世代に伝えたいと思います。

こだわり

創業200年伝統の技で一本一本
手作りの筆をお届けします

筆工房

伝統を受け継ぐ匠の手作りの筆
製作工程の作業をご紹介します

ギャラリー

光文堂本社の赤ちゃん筆の
ショールームを紹介します

カタログ請求 取扱店検索